第三回公演「財産没収」

チケット予約はこちらから

アトリエ劇研共催公演

サファリ・P第三回公演

「財産没収」

(ハヤカワ演劇文庫 6「しらみとり夫人・財産没収ほか」より)

作:テネシー・ウィリアムズ 翻訳:倉橋健 演出:山口茜

出演:高杉征司 松本成弘 松尾恵美 

だまし絵的演劇

トムとウィリーという二人の子供だけが登場するこの戯曲は、本来20分にも満たない短編戯曲だ。劇中では、ウィリーの妄想をトムが聞くという状態がただ描かれる。劇的な展開はウィリーの妄想の中だけで起こり、それはほとんどトムに届かない。トムはウィリーの妄想を聞きながら、雲のように不安定な彼女の心を眺め、そしてそれが去っていくのを見つめているばかりだ。そこで私たちは、この戯曲の奥にある、テネシー・ウィリアムズの人生を舞台化しようと思う。少年少女二人だけのセリフを、テネシー・ウィリアムズ、テネシーの恋人、テネシーの姉、不動産を差し押さえに来る調査官などに置き換え、全く違う物語を立ち上げる。なお、セリフは上演許可証にある通り、一語一句変更せずに、挑戦する。

〈利賀演劇人コンクール受賞時の審査員による講評〉

「私にとってこの戯曲を正しく読んだ上で効果的な演出ができていると思えたのは山口茜演出「財産没収」だけでした。山口作品は、戯曲に対する深い理解と敬意に支えられた才気煥発な演出によって、利賀三房に夢幻の箱庭的空間を創り出す事に成功していたと思います」(小澤英実氏)

「今回のコンクールでは最も大胆に戯曲を再解釈した挑戦的な作品だと感じた。テキストへの批評意識が最も顕著に現れていた。テネシー・ウィリアムズという作家のプライベートを基に戯曲にない登場人物を増やし、しかし台詞は戯曲のままで、俳優達の身体の状態から別の意味を引き出して行く。高度なだまし絵を見せられているかのようだった」(深田晃司氏)

「山口氏は、他の参加者に比べて格段に演出がきめ細かく、完成度の高い作品であった。一方で、俳優間の演技のばらつきが大きく、意図的に俳優ではなくダンサーを起用した点も、説明を聞いた上でも説得力に欠ける構成だったと感じた」(平田オリザ氏)

企画意図>

「財産没収」はテネシー・ウィリアムズの短編戯曲で、2015年利賀演劇人コンクールの課題戯曲として私たちが取り組んだ初めての既成戯曲です。私たちはこの戯曲の演出で、優秀演出家賞一席を受賞しました。しかしその年の最高賞を受賞しながらも、平田オリザ氏からは、一般の観客に伝える力が弱いということ、宮城總氏からは集団で継続した創作をすることがその力を養うことにつながるというアドバイスを受けました。そこで私たちはこの上演をきっかけにサファリ・Pを結成し、これまで2回の公演を重ねてまいりました。今回、閉館を目前に控えたアトリエ劇研という劇場で、サファリ・Pは3度目の作品の上演の機会に恵まれました。利賀山房のために創作した「財産没収」が、アトリエ劇研というブラックボックスの劇空間でどのように生まれ変わるのか、サファリ・Pの第三回公演、どうぞご期待下さい。

〈日時〉全8ステージ

*上演時間40分

*すべての回の終わりに20分程度、演出家や俳優によるお客様とのトークセッションを設けます。 

*すべての回で聴覚障害者向けの台本を受付にてご用意しております。 

8月17日(木)19時

8月18日(金)15時

8月18日〈金〉19時*18時から上演前のトークあり+岡本昌也氏(劇作家、演出家)

8月19日(土)11時 乳幼児連れの方向け

8月19日(土)15時

8月19日(土)19時*18時から上演前のトークあり+森山直人氏(評論家)

8月20日(日)11時

8月20日(日)15時

ご予約はこちらから

〈チケット料金〉

振込予約*チケットレス、受付にてお名前をお預かりします。

シングル2250円 / ペア4000円 / トリプル5250円

当日精算予約*チケットレス、当日にチケット料金をお支払いただきます。

シングルのみ2500円

アンダー25*1ステージ10枚まで、予約のみの受付です。受付時要証明書 

シングルのみ1000円

当日券 

シングルのみ3000円

初日割

シングルのみ1500円*要予約、振込不要

〈会場〉

アトリエ劇研(京都)〒606-0856 京都府京都市左京区下鴨塚本町1

スタッフ:

舞台監督:浜村修司 舞台美術:夏目雅也 演出助手:下野優希 照明:池辺茜 音響:森永キョロ 衣装・メイク:南野詩恵 宣伝デザイン・写真撮影:堀川高志 票券・受付:梶川貴弘 制作:サファリ・P 協力:井内純一郎 助成:公益財団法人セゾン文化財団、芸術文化振興基金 企画・製作 トリコ・Aプロデュース